アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「カントリー」のブログ記事

みんなの「カントリー」ブログ

タイトル 日 時
Nervous
Nervous これまでの人生の中で、新婚旅行しか海外旅行をしたことのない夫に、The U.S.A.のダラスへ、出張命令が下ったのでした。 出張2週間前から、初めて海外旅行に行く人のごとく、アメリカ旅行の手引きや、インターネットを駆使して、情報集めに奔走し、情報を得るたびに、神経を尖らせていた夫。その様子は、傍から見ている私と娘でさえも不安にさせるものでした。 夫は、仕事柄、情報を分析するのが好きで、しまいには、ダラスの気候変動や、町の歴史なども知り尽くそうとする始末。 さてさて、いざ出張となり、セ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/23 09:46
Once
Once おっと、しばらく更新していませんでした…。 忙殺されているまに、あっというまの2ヶ月が過ぎていました。 でも、忙しいは、言い訳になりませんね…。ものすごく、反省です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/04/25 12:57
One Day
One Day 16歳の私はそのとき、出来の良くなかったその日の中間テストのことを忘れようと、友人とはしゃいでしいました。 小田急・江ノ島線の急行新宿行きは、小田原方面から来る車両を待つために、相模大野駅でしばらく停車をしている。そのため、急いで最寄の駅から乗りこんだ車両を変えようとしながら、友人のひとりが、田村正和のモノマネをする(「うちの子にかぎって」が流行っていた)のがあまりにく面白くて、他の友人たちと大笑いをしていました。 大笑いをしていた私は、座席の間を友人達とぶらぶらと歩いていました。今にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/22 13:17
Have A Nice Trip!
Have A Nice Trip! 先日、久しぶりに旅行会社を通して、宿の手配をしました。これまで訪れた海外旅行や友人との旅行はひとに任せきりだったし、家族旅行は行きなれた場所ばかりなので、自身で旅行会社を訪れて宿の手配をするなどは、実にハネムーンの時以来でした。ゴールデンウィークも過ぎて、旅行会社もさぞや空いているだろうなと思ったら、とんでもない、いろんな旅行プランを片手に、たくさんの方々が申し込み・相談・案内を待っていたのであります。当然、私も順番を待つ破目になりました。 旅行会社の中は明るく、たくさんのパンフレットがところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/29 12:41
KU-KAI
KU-KAI 昨日の日曜日は、Yumiさんちの句会となりました。 俳句座☆シーズンズの東京支部のメンバー8人が東京ローカルの我が家へと来てくれました。午前中はみんなで高幡不動尊へ参り、花祭をしてきたので、そこからのYumiさんちへの移動は、足が棒になるほどの、ちょっとした旅だったのでないかと思います。Yumiさんちへ来てくれたみなさん、楽しい時間をありがとうございました。そしておつかれさまでした。 私は、句会が好きです。それは、特選や秀逸の選に入るかどうかということだけではなく、みんなで句座にまみえ、句の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/09 10:50
The Mimosa's Day
The Mimosa's Day 3月8日の今日は国際女性デー。イタリアではフェスタ・デラ・ドンナという女性の日で、男性が女性に(恋人・夫婦・お友達)日頃の感謝を込めてミモザの花束を贈るそうです。これを、“ミモザの日”というのだそうです。イタリアではこの日、街中がミモザの香りと黄と女性達のおしゃべりであふれるそうです。“ミモザの日”のことを知ったのは、2年前のことです。ミモザの花が大好きな私は、花粉症もなんのそので、花屋さんにミモザを購いに行きました。そうしたら花屋の店員さんが、「今日がミモザの日だってご存知ですか?」と言われた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/08 13:43
This night
This night さっきまでザンザンと降っていた雨も小康状態になって、いまはもう雨音さえも聞こえない。雨上がったバレンタインの夜、娘も眠りにつき、ひとりとなった部屋でエリック・クラプトンの曲などを聴きながら、パソコンのキーをパタパタと打っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/14 23:56
Cross
Cross 受験を間近に控えて、バレンタインどころじゃなかったはずなのですが、忘れもしない中学3年のバレンタインのイブ。それは、人生で初めて、手作りのチョコレートを作った日でもありました。当時つきあっていたカレのためにウキウキと、15歳の私はキッチンをチョコレートの香りでいっぱいにしていたものです。そのチョコレートは、学校の帰りに彼に渡す約束になっていました。 明けてバレンタイン当日、教室に行くと、友人のチカちゃんから、ある重大な計画を打ち明けらました。なんと、勇気をふりしぼってチョコレートを作ってみたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/13 11:55
Love
Love もうすぐ、2007年のバレンタインデーがやって来ます。私は、もうチョコ・ホリックと言うほどチョコレートが大好きです。なので、バレンタインは、いつもは近くではお見かけしない、ショコラティエなども百貨店にお店を出すので、美味しいチョコを求めてが、ここ近年の私の本当のバレンタインの目的であります。とは言え一年に一度、愛を告げるチャンスが訪れる日でありますので、普段は口幅ったくなってしまう、愛ということについて、チョコっと考えてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/12 09:57
Snow
Snow 今年は暖冬傾向が続いているが、本日の東京は久しぶりに寒い雨の夜となっている。これだけ冷えていると、雪でも降るのではないかと思ったりもする。 豪雪地帯の人々には申し訳ないが、やはり冬であるからには、雪降る日が待たれる。雪が降るような寒い日は、なぜか大好きな人に逢いたくなる。舞い落ちてくる雪の白さが、心を募らせるからかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/17 21:41
The Harvest Moon
The Harvest Moon 「月」そのものが季語としてなり得るのは秋だ、ということを知ったのは、恥ずかしながら俳句を始めてからのことであります。 小学校唱歌の中で「おぼろ月夜〜♪」を歌っていたので、春の月は朧月と言うことは知っていましたが、夏の月を「月涼し」、冬の月を「月冴える」というのを知ったのは、もちろん、俳句を始めてからのことであります。「月光」「月白」「月明り」も秋の季語で、日本人の見ている月は、もはやただの「月」ではないのです。そして、「十五夜」「十六夜」「十三夜」と、これだけ月を愛でた言い方を持っている日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 11:14
Recipe 2
★Easy Chocolate Cake〜from Tea Time and Education〜               チョコレートケーキの作り方                【材料】 18cmのケーキ型1個分 *ココアスポンジ* 薄力粉 70g 純ココアパウダー 20g(風味や砂糖の加わっていない、純正のココアのみ使用) 卵3個  砂糖 100g (グラニュー糖・白砂糖・三温糖いずれもOK) バター40g(有塩、無塩どちらでも) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/28 11:42
Night Of Autumn
Night Of Autumn 潮風をたっぷり吸った髪に手をあてると、指先に髪が絡みついてくる。大学の後輩の結婚式。クルージングの挙式と披露宴は、酔いやすい夫にとってはとても長い時間だったようで、それに加えて、普段は無口な彼が、後輩のためにスピーチをしなければいけないという大役もあってか、珈琲メーカーに珈琲が出来上がるまでを待たずに、一仕事を終えての疲れのためにソファの上に横になって、静かに寝息をたてていた。珈琲はどうするのだろう。私はひとりだけのマグカップに珈琲を注いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 00:34
Recipe 1
スポンジ・ケーキ ★プレーンのスポンジの作り方です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 02:58
Tira mi su
Tira mi su ティラミスが日本で一躍流行したのは、今から15年ぐらい前だろうか。当時、入手困難だったティラミスをお土産に持っていくことになった、K君。彼は、私の友人のNちゃんのカレ。大学に合格し、はるばる上京して来た彼は、キャンパスの学生食堂で、女神様に出会った。それが、Nちゃんだった。彼には、Nちゃんのために、超えなければいけないハードルが幾つかあった。それは、県警本部の刑事であるNちゃんのお父さんと、剣道と柔道の段を持っているお兄さん二人…。  K君の女神をとりまく環境は、彼の想像以上に厳しいも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 23:57
It's A Beautiful Day
It's A Beautiful Day 今年の五月は雨の多い日が続いていたが、今日は久々のまさに五月晴れという一日だった。 三年前父が亡くなった日も、今日のように晴れ渡った五月の日だった。 私は母譲りの人より勘が働く性質で、父が亡くなる一ヶ月前、花見後の昼食の席で、お墓のことや、父が今まで携わってきた家のことや人間関係など、「お父さんがいなくなった後は、お前、しっかり頼むな。」と突然に言い出した。花を見た後の高揚感と疲れで、そのときは、その言葉をあまり気にも留めなかったが、家に帰り落ち着いてから、父の言った言葉が、普段の父らしくな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 01:52
Ten Years Ago
Ten Years Ago  久しぶりに、大学時代の友人が訪ねてきた。彼女は先日結婚一周年を迎えたばかりで、今だ新婚気分が抜けきれていないらしく、ウキウキな様子で、我が家へやって来た。そんな彼女の笑顔を見て、今、彼女が幸せなのだろうということは、疑いようもないようだった。  彼女も、私も、私の夫も同じサークル仲間だったので、夕食を終えてからは、当然、学生時代のころの思い出話に花が咲いた。ダイニングから席を移して、彼女のために焼いた、オレンジのケーキを切り分けて、彼女の前に差し出すと、一寸黙ってから、「ずうっと、前も、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/15 00:57
Carpe Diem
Carpe Diem   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 02:02
A Spoonful Of…♪
A Spoonful Of…♪ 小学校の遠足のときはいつも、お弁当箱を開けるといちごジャムたっぷりのパンケーキと、フルーツが入っていた。  それは、食べず嫌いが多い娘のために、母が考えを搾り出してこしらえたものに違いないのだが、クラスのみんなはおにぎりやサンドウィッチが大半で、そういう中で、大っぴらにお弁当の中身を見せられずに、少し恥ずかしくなりながら、お弁当箱を開けていた。でも、そんなお弁当を、友人たちはいつも羨ましがっていた。 時には、お母さんに頼み込んで、パンケーキのお弁当にしてくる友人もいた。今から... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/15 10:10
よろしくね!!
勝猫さん、もみじさん、そしてコスモスさん、開店お祝いのコメントをありがとうございます。マシュマロ***EASTERも近いので、いいですね。折々に、Hand Madeのお菓子なども俳句と一緒に紹介する予定です。楽しみにしていてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/12 18:31
しあわせの十七音
はじめまして、Yumiです。俳句とSweetsのブログはじめました! よろしくお願いいたします。 俳句に取上げてほしいSweets(ex.チョコレート・プリンetc.)ありましたら、ぜひ、コメントくださいませ***(^v^)/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/03/10 00:00

トップへ | みんなの「カントリー」ブログ

Haiku Happy Jam カントリーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる