アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「子供」のブログ記事

みんなの「子供」ブログ

タイトル 日 時
Milky Way
Milky Way ほんと久しぶりの更新です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/08 13:00
Inn
Inn ゴールデン・ウィーク最終の2日、夫が急に休みがとれることになったので、近場へ旅行ということで、山梨県は清里高原に一泊二日の旅行に行ってきました。 旅行初日は、午前中なんとかお天気は持っていたのですが、午後は雨に降られてしまいました。 娘は、どこ図鑑を見て知ったのか、国の天然記念物に指定されている、“ヤマネ”(冬眠鼠)のカワイサにハマッていまして、そんな彼女のために、せっかくなので、清里高原のキープ・ファーム協会で催されている、“ヤマネの森ガイドツアー”(要予約・お子様がいる家族にはとても... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/16 11:25
Friend ship
Friend ship 今年のバレンタインデーも残すところ、あとわずかの時間。ちょっといそぎで記事を書いています。 今日、うちの娘は仲良し4人をお家に招いて、友チョコ作りを楽しみました。 まだ、リビングに甘いチョコレートの香りが漂っております。 女の子達が今年チャレンジしたチョコレートは、トリュフ。 作る前から、何度も「トリュフはテンパリングと言う、チョコレートを溶かすのがムズカシイかもよ。」と彼女達に行ったのですが、どうもお菓子のレシピ本のトリュフが気に入ったらしく、頑として譲りませんでした。 そこまで言う... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/14 22:59
Knitted
Knitted 1月は、別名睦月と言います。お正月は、やはり家族集まって睦み合うということから、“睦月”と言うことを、俳句を嗜むようになってから初めて知ったことです。 今年のお正月は、良いお天気が続きましたが、この一月の寒さの厳しいですね。 3学期になって、娘がお友だちに教わってきた「指編み」。 寒い時期になると、少しの開いてる時間で毛糸のモチーフを編んでいる私の傍らで、炬燵に足を突き合わせながら、娘は100円ショップでお小遣いで買ってきた毛糸ひと玉で、彼女のマフラーを編み始めました。 まだ幼さの残る小... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/29 22:42
A Christmas Eve
A Christmas Eve 今日は、娘の将来の学校見学を兼ねて、東京都下にある某カトリック系の女子学校を尋ね、クリスマスページェントなるものを体験してきました クリスマスのキャンドルサービスの灯しは、厳かに娘の横顔を照らしていました。会場に来ている人たちは、学校の生徒以外はみな受験生とその保護者達なのだが、焔に照らされた受験生の横顔は、どの子も天使に見えました 聖夜劇も意味深く、幼稚園と高校がミッション系だった私は、そのころのクリスマスのことなども、いろいろと思い出したのでした。 まだ幼い、幼稚園の年長の6歳のこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/24 17:47
Santa Claus Company
Santa Claus Company 12月はとにかくケーキを焼くことの多い月なのです。 結婚記念日に、クリスマスに、娘のBirthday。それから、自身の開いている英語教室では、各クラスごとにクリスマスパーティーをするため、一日、2〜3台ケーキを焼くそんな一週間があります 先週の一週間は、そんなケーキを焼くことで追われていた一週間でした。 12月に入ると、クリスマスツリーを飾り、大きなクリスマスの靴下をかけ、英語のお教室も、クリスマス一色にデコレイトしていきます。 生徒達は、英語で、家族・お友達にクリスマス・カードを書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 12:45
Who
Who 湯河原からの旅を終えて家に戻ってみると、テーブルの上に枝つきの柿が置かれていました。 娘は実家の母と本屋へ出かけており、夫は自室で勉強中のため、私の「ただいま〜」の声を聞いてくれたのは、その一枝のたわわな柿でした。 旅の荷をほどいて、それから夕餉の支度をし始めると、「おかえりぃ。」を言うために、夫がやっと自室から出てキッチンに顔を出してくれました。なんともさっぱりした、Yumiさんの家族であります。 「ねぇ、あの柿どうしたの?」と夫に尋ねると、「玄関のノブに、袋に入れてかけてあったんだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/26 13:20
KOGARASHI
KOGARASHI 私が幼かった頃、日本はまだ好景気が続き、働き盛りだった父は日を跨ぐほど遅くまで残業をして帰宅していた。だから、平日の夜に父の顔を見ることは滅多になかった。 あの頃は、全てが父を中心に家族の時間が回っていたように思う。殊に父親っ子だった私は、父の帰宅が遅く、父の不在の家というのは、幼いながらに何処かしら不安なものがあった。 夏の暑さが過ぎ、秋となって音まで澄んで来るようになると、遅く返る父のために、母が酒の肴を用意する厨の音もはっきりと聞こえるようになってくる。そして、寒さを向かえるようになれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 15:32
Witches
Witches 私が所属している、俳句座☆シーズンズには、6人の魔女がいます。 1人目の魔女は、糸車を回しながら愛の魔法の言葉を紡ぎ出しています。2人目の魔女は、海を見下ろす島に住み、夜ごと大鍋をかき回しながら、正義の魔法を作り出します。3人目の魔女は、水晶玉を見つめながら、魔法の言葉の研究に余念がありません。5人目の魔女は、小さな種を育てながら、魔法日誌を記録してゆきます。6人目の魔女は、魔法の記事を集め、一夜にして魔法新聞を仕上げています。 かく言う私は4人目の魔女。箒に乗ってあちこち魔法材... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/10/31 20:03
Very Interesting
Very Interesting この連休に仕事の研修に出ずっぱりの夫が、その日は手土産を携えて帰宅しました。 帰るコールがあってからの予測の帰宅時間をかなり越えての帰宅だったので、きっとどこか寄り道をしてきたに違いないと思ったら案の定、その手土産のために、1時間半ほど並んで買ってくれたものは、Krispy Kreme Doughnuts(クリスピー・クリーム・ドーナッツ)でした。 本国アメリカでは70年近い歴史のあるドーナツ屋さんが、東京新宿の南口にオープンしたそうで、研修の帰り道たまたまその近くを通った夫ではあったが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/18 22:20
Dad&Mom
Dad&Mom 「ねぇ、ママっていつパパと知り合ったの?」 娘は何の気なしに言ったつもりでしょうが、その質問はあまりに唐突すぎて、飲んでいた紅茶を思わず噴出してしまいそうになりました。 ママ友達や昔からの友人達の、旦那様と知り合ったときのハッピーエピソードなどを聞くのは大好きですが、自身のそういうことについては話すと言うことは、気恥ずかしくてどうにも上手く話しができません。母が急におとなしくなったのを気にせず、娘は繰り返すように同じ質問をしました。 そんなに、父と母が出逢ったときのことを知りたいのですか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/04 22:49
Someday
Someday ロンドンに住んでいる友人が、日本に帰郷する前にチェコに旅してきたからと、お土産を持ってやってきた。それは、ミルカ(Milka)のチョコレートでした。日本でも、成城石井や紀伊国屋などでよくお見かけするミルカの板チョコですが(ラベンダー色のパッケージと、こちらを見ている牛ちゃんの絵がカワイイ)、写真にあるこのミルカのチョコレートは、なかなかお目にかけないのではないかと思い、以前、都内にあるスコスという文具店(チェコ・ハンガリーの文具が揃う 東京の本郷にあります)でゲットしてきた、クルテクの色鉛筆の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 16:38
First Yield
First Yield 果物のほとんどは大好きだが、特にベリー類のものに目がない。苺、木苺、さくらんぼ、赤すぐり、黒すぐり、桑の実、クランベリー、ブルーベリー…。木苺やブルーベリーは冷凍ものやジャムを含め、ほとんど毎日食していると思われる。そもそも、こんなにベリー類が好きになったのはいつごろかと、記憶を辿ってみるが定かではない。バナナ、林檎、苺、桃、葡萄、梨などは時期なるとかならず、家のコランダーに盛られていたが、ブルーベリーを初めて食したとき(どこでだったかは、記憶がないのですが)、世の中にこんなに美しく美味しいもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 21:59
Yoghurt
Yoghurt ヨーグルトといえば、白くて酸味のあるもの。そして、ヨーグルト用のお砂糖をかけても、どこか味気ないなと思っていたのが、少女のころのYumiさんのヨーグルトの感想でした。そんなヨーグルトのイメージを一変させる出来事が、ある夏近い日の朝食に起こったのでした。その日の朝食は、早朝に父が仕事に出かけていったあとの女ばかりの朝食の席に、アメリカから一時帰国した母と十も歳の離れた叔母が一緒にいました。登校の時間が少しずつ迫っていたので、早く朝食をとってしまいなさいと母から急かされていたものの、目の前の朝食のト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 12:05
Girls Talk2
Girls Talk2 風がつよくなってきた昼下がり。サッちゃんとミカちゃんとマヤちゃんは、3人で交代交代にバドミントンをしていた。 3人の中で一番背の低いサッちゃんが、いっしょけんめいにラケットを振り、明後日の方向にバドミントンの羽根を飛ばしてしまうのが面白くて、ミカちゃんは声を立てて笑った。ガンバレと声をかける、マヤちゃん。笑われているサッちゃんも、飛んで行った羽根を小走りにとりに行っては、何が可笑しいのかケラケラと笑っている。箸がころがっても可笑しい年頃になってきたのか、いつしか3人はクスクス、ケラケラと笑い始... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/18 11:19
A Hearty Day
A Hearty Day 東京はお昼過ぎになって、ようやく晴れ間がさしてきました。今日は、朝から雛の間を掃除したり、節句の祝いの膳の用意と、朝から忙しくしているYumiさんです。 お雛様は、立春を迎えたらすぐに飾り、雛祭りが過ぎたらすぐに仕舞うのが鉄則のようですね。そうしないと、お嫁にいけないとかなんとか…、それにまつわるジンクスもいろいろとあるようです。ですから、Yumiさんちでも娘に良縁が来ますようにと、早くからお雛様を飾っています。嫁いだ今でも、実家の母は毎年お雛様を飾ってくれているようです。有難いことです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/03 15:29
The Bigining of Spring
The Bigining of Spring 暦の上では、今日で冬が終わります。皆さんのお家では、節分の豆撒きは終わったでしょうか?節分と言えば、「福は〜うち!鬼は〜外!」の掛け声なのですが、幼い頃は、福は、鬼はどちらでも、とにかく豆を外へと投げまくっていたことを思い出します。そのうち、節分の意味を知るようになってからは、しっかりと福豆は家の中に撒くようになりましたが…。季節の行事なるものは、とても大切なこととして、物心つくころから父母に教えられてきたように感じます。大人になってそして俳句を知るようになってからは、それを改めて実感するように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/03 22:53
Greetings
Greetings A Happy New Year!今年もHaiku Happy Jamをよろしくお願い致します。 毎年、我が家は箱根神社に初詣に行きます。東京都下に住んでいる私が、どうして箱根神社なのかと言うと、結婚を決めた年に夫と初詣をしたのが箱根神社で、それからは、なんとなく初詣は箱根神社というのが我が家の慣わしになりました。箱根神社と言えば、芦ノ湖の入り江に立つ朱い鳥居と曽我の兄弟の話が有名ですね。湖の鳥居からまっすぐに山の本殿に伸びる石段が、いつ訪れても厳かな気持ちにさせてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/05 21:52
Christmas etc.
Christmas etc. 今年も聖夜がやってきた。例年よりは暖かい冬だと感じるが、聖夜のこのときは北よりの風が吹いている。我が家のクリスマスイルミネーションは、今夜は夜通しつけているつもりだ。娘は、サンタが置いてくれるプレゼントを心待ちにしながら、今は夢の中。さて、サンタ・クロースがほんとうにいるのだと思っていたころはいつまでだったころだろうかと、ふりかえって考えてみる。完璧に良い子にしていたらそのうちにはサンタがやって来て、プレゼントを置いていってくれるのだと、父も母もそう言っていた。だから、そう簡単にサンタがプレゼン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/25 00:51
Tea Time And Education
Tea Time And Education 月に一度は集まる、幼稚園時代のママ友達。 娘が小学生になった今も、こうして顔を合わせるお友達がいることは、ママ同士お互いに、ガス抜きの時間になっている。こうやって、ママ同士が集まっていることから、それぞれ小学校は違えども、子どもたちも集まれば、幼稚園のときさながらに仲良く遊びだす。子どもたちが別の部屋に移動したのを見届けると、早速ママたちのおしゃべりがはじまる。最近では言葉で表現できるようになってきた子どもたちが、ママ達は優雅なティータイムと思っているのを、“ペチャクチャおばさんの会”と名付け... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/26 12:50
Girl Talk
Girl Talk  夏休みが始まって以来、娘の日課は、朝宿題をやること。それから、ピアノの練習と一日のうち何かお手伝いをすること。その日課をこなすことを守らないと、その日はお友だちとも遊べないし、お出かけもしないし、最近買ったDSのゲームも出来ない。そういう約束で、夏休みは過ぎていった。その日も、彼女は朝の日課をこなすため、朝食のパンをたいらげた後、歯磨きを簡単に済ませると、自分の部屋へと上がっていった。娘が部屋へ上がっていったのを見届けて、私は早速に朝食の後片付けをして、食器を食器洗い乾燥機にかけて、リビングの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/09 20:14
Train Window
Train Window 歴史ある町を楽しく散策していたが、蒸し暑さと喉の渇きと歩き疲れた娘が、どこかで一休みしようよと言い出したので、私も夫もそれに従って、紺地に朱の文字で「氷」の旗が軒先にはためく甘味処へと入った。やはり、皆考えることは同じなのか、昼下がりの甘味処は、地元の人と観光客で混み合っていた。私達は、とりあえず待ち合い席の椅子に腰をおろした。こういうとき、子どもを連れていると、お店の人が気を利かせてくれることが少なくない。席が空くのを少し待つ間に、冷たい緑茶を、まっさきに疲れてぼんやりしている娘にふるま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 01:22
The Green Day
The Green Day   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/29 23:02
A Story Time
A Story Time 平日は家族そろって夕食をとることは、滅多にない。その晩も、娘とふたりだけの夕食を済ませ、娘の好きなテレビアニメを見て、ひとしきり笑い楽しんだ後、娘はいつものように、読んでほしい本を、彼女の部屋から持ってきて私の目の前に置いた。  少し幼かった頃は、母親の私が読んであげるばかりだったが、学校での音読の授業が利いているのか、簡単な絵本などは、娘が読んで聞かせてくれるようにもなった。今日はこれを読んでみるからと得意げな顔をみせて、娘は絵本をひろげてせいっぱいの声で読み始める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/23 01:24
Pick Up Flowers
Pick Up Flowers 娘のお友だちとその家族らと、我が家の庭でバーべQをした。  これまでにも、幾度か、こういう機会を重ねてきた。父親たちが、火熾しをし、肉や野菜を焼いてくれて、母親達は、束の間の小休止の時間をもらう。  子どもたちが危険と隣合わせになり、暮らしにくくなってしまった昨今、こういう機会を設けないと、子ども達を心おきなく遊ばせることも難しくなってしまったことを、寂しく思いながら、子どもたちが、スコップや、バケツを片手に何かを始めるのを、しばらく見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/23 11:20

トップへ | みんなの「子供」ブログ

Haiku Happy Jam 子供のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる