Haiku Happy Jam

アクセスカウンタ

zoom RSS Recipe 2

<<   作成日時 : 2006/09/28 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

★Easy Chocolate Cake〜from Tea Time and Education〜
              チョコレートケーキの作り方
               
【材料】 18cmのケーキ型1個分
*ココアスポンジ*
薄力粉 70g
純ココアパウダー 20g(風味や砂糖の加わっていない、純正のココアのみ使用)
卵3個 
砂糖 100g
(グラニュー糖・白砂糖・三温糖いずれもOK)
バター40g(有塩、無塩どちらでも)

*チョコレート クリーム*
生クリーム 300cc (できれば、脂肪分30パーセント以上のもの)
市販の板チョコブラック 2枚(150g程度)

*デコレーション*
ラズベリージャム 適宜
ホイップクリーム適宜
キルシュ酒または、チェリーブランデー適宜

【ツール】18cmケーキ型(丸)/クッキング(オーブン)ペーパー/ボウル3〜4つ/泡立て器/粉ふるい/ヘラ/竹串/料理用ハケ/料理用パテ

【作り方】
*まず、オーブンはあらかじめ180℃に熱しておく(これが、意外と大切!熱して準備しておくことで、スポンジの仕上がりが違ってきます。)
*型の底にクッキングペーパーを敷き、型の側面にはバター(適量を)塗っておきましょう。
*卵を泡立てるとき、少しでも水分があると泡立ちが足りなくなるので、泡立て器、ボウル、へラ、型には、水分がついていないかをチェック!
*粉70gとココア20gは合わせて2回ふるっておきます。(前回のRecipe1同様、2回ふるっておくことで、粒がそろい空気が混ざり混ぜやすくなります。)
*バターは、レンジか、湯煎で溶かして液状にしてください。

@ボウルに卵3個を割りいれ、砂糖100gを入れ、白っぽくもったりするまで泡立てます。

A泡立った@に、さきほどふるっておいた粉を入れます。空気をふくませるようにヘラでさっくりと混ぜあわせ、ヘラをつたわせるように、溶かしておいたバターを流し、また再び、さっくり混ぜ合わせる。〔このとき、グルグルと混ぜ混み過ぎないようにしてください。せっかく泡立てたのが、なくなります。あくまでも、さっくりと。〕

BAを型に流し込み、一度、型の底をトントンと叩きながら、生地を均します。ある程度均してあればOKです。

C180℃のオーブンで30分ほど焼きます。〔オーブン、オーブンレンジの火力も、種類によって異なるので、上記はだいたいの時間の目安です。〕

 生地がふくらんでいるかどうか、気になるところですが、焼いている間は、オーブンを開けないで下さい。ジッと辛抱です。

D焼きあがって、竹串を生地の真ん中に刺し、串先に何もついてこなければ、OK。
 粗熱がとれたら、型から外します。
 完全に冷めてから、底についている、クッキングペーパーをはがしてください。

チョコレートクリームづくり♪

Eまず、生クリーム300ccを七〜八分立てにします。
 〔あとでチョコレートと混ぜるので、固く泡立てるより、若干緩めに泡立てましょう。泡立て器を外したときに、クリームの角が何となく立っている感じが目安です。手で泡立てる場合、クリームを泡立てるボウルの下に氷のうを当てたりしするほうがクリームの泡立てが早いです。手間を考えると、ここも、やはり電動の泡立て器があると便利です。〕
 デコレーションの時に表面に少しだけホイップクリームをのせるので、大きいスプーン2匙ぐらい別の小さなボウルに分けて置いてください。

F大き目のボウルに、板チョコ2枚をなるべく小さく割り、そのボウルを湯煎にかけてチョコレートを溶かします。〔湯銭のお湯が熱いとチョコレートが分離しやすくなります。沸騰する手前ぐらいのお湯の状態で保っておくと、チョコレートがなめらかに溶けます。〕

 チョコレートのいい香りが、キッチンいっぱいに広がってきます♪

Gチョコがクリーム状に溶けてきたら、湯煎からはずし、チョコレートの入っているボウルの方に、先ほど泡立てた生クリームを入れ、泡立て器ですばやく混ぜます。〔ここは、手動の泡立て器で。生クリームの冷たいのが入ると、チョコレートが固まり始めますので、一気にすばやくためらわず、混ぜてください。〕

デコレーション♪

H冷めたココアスポンジを、3枚にスライスします。〔3枚にスライスするのがちょっと、と思う方は、2枚でもいいです。〕
 
I料理用ハケで、スライスしたうちの1枚目にキルシュ酒(またはチェリーブランデー)をたっぷりと塗ります。そこへ、ラズベリージャムを塗り、その上にチョコレートクリームをたっぷりとのせます。

 チョコレートクリームが、固くならないうちに、頑張って、なるべく素早く、作業しましょう。

JIの上に2枚目のスポンジを乗せます。軽く、スポンジの中心を押さえ(クリームがまんべんなく広がるようにしてあげます。)、2枚目もIと同じく、洋酒→ジャム→クリームという順番で乗せます。〔2枚だけのスライスした方は、洋酒以外何も上に塗らないでください。〕そして、3枚目のスポンジを乗せます。乗せたスポンジに洋酒を塗ります。

 完成間近です!

Kスポンジの一番上に、先ほどEで別にとっておいたホイップクリームを塗り、出来上がりです!


♪ひと工夫♪

・チョコレートは、上質なものを使えばそれはそれに越したことはないのですが、やはり値段的に高めなので、市販の(明治製菓・森永製菓・ロッテなど)ブラックチョコレートで充分です。どうして、ブラックチョコがいいのかというと、クリームを作る工程でいろんな甘さがあとで加えられるので、甘さを調節できるし、チョコ本来の風味が活きているからです。

 ・チョコレートを溶かすとき、他に異物が入ると、チョコレートは途端に変化を来たします。溶かすときは、チョコレートだけの状態で溶かしてください。

 ・チョコレートケーキは、味が馴染んだ方が美味しいので、一晩冷蔵庫でねかせるとより美味しさが増します。ただ、本レシピには、表面にホイップクリームを塗っているので、生クリームだけはいたむのが早めなので、作ってから3日以内が保存の目安です。(夏場はとくに、ご注意下さい。)

 ・ココアスポンジは、他いろんなクリームでチョコレートケーキを楽しめます。フルーツをサンドをするのもいいですね!苺・オレンジ・チェリーがチョコレートの味と相性がいいです。

 ・今回はラズベリージャムを使用しましたが、アプリコットやチェリージャムも、チョコレートと相性のいい組み合わせです。ジャムに少し酸味があるタイプがおススメといえます。

 ・スポンジに塗る洋酒は、普段はあまり飲用にはしないと思いますので、小瓶タイプで購入しておくことをおススメします。特にあると便利なのが、キルシュ酒、コアントロー、ラム酒の
3つです。

☆このレシピは、すべてHaiku Happy Jamオリジナルのレシピです。他への転載は、ご遠慮願います。
☆レシピについて、又は、作り方についてご質問のあるかたは、コメントにてお伝え下さい♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!!
多才ですね。ため息が出ます。
私とMモトさんは木曜日が都合がいいんですけど。
遊んで遊んで!!(^^)
とよんだ〜!
2006/10/21 16:18
こんばんは。とよんだ〜様、初コメント嬉しいです。
木曜日ですね、ぜひ、予定を調整して遊びましょう。回覧ノート、わたしのところにあります。今週中には書きますので、しばしお待ちを〜。
Yumi
2006/10/25 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
Recipe 2 Haiku Happy Jam/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる