Haiku Happy Jam

アクセスカウンタ

zoom RSS A Story Time

<<   作成日時 : 2006/04/23 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

<body>
画像


平日は家族そろって夕食をとることは、滅多にない。その晩も、娘とふたりだけの夕食を済ませ、娘の好きなテレビアニメを見て、ひとしきり笑い楽しんだ後、娘はいつものように、読んでほしい本を、彼女の部屋から持ってきて私の目の前に置いた。
 少し幼かった頃は、母親の私が読んであげるばかりだったが、学校での音読の授業が利いているのか、簡単な絵本などは、娘が読んで聞かせてくれるようにもなった。今日はこれを読んでみるからと得意げな顔をみせて、娘は絵本をひろげてせいっぱいの声で読み始める。




 子どもというのは、親の仕草、言動にはとても敏感なものだ。深夜まで仕事をしなければいけないという夫をふと思ったせいなのだろうが、きっとどこかで、娘の読む話に集中しきれていなかったのだろう、娘が読むのをやめて、母はどうしたんだろうというように、私の顔を覗き込んだ。こちらが笑顔をみせると、彼女は調子を戻して話の続きを読んでくれていた。
 べつに、夫がそばにいなくて寂しいというのではない。それに、深夜まで仕事をこなさなければならない、彼の体のことはもちろんのこと心配された。ただ、最近のお互いの忙しさの中に過ぎて行く毎日のことに、こういう晩は殊にそんなことが不安に思えてきてしまっていた。
 私も幼かった時分、母親が今の自身のような表情をしたことが幾度となくあったことが、自然に思い出された。あのとき、母もきっと同じことを思っていたに違いない。父の遅い帰宅を待ちながら、忙しさの中で話したいことも話せずに積もり積もってゆく毎日が、漠然と母を不安にしていたのかもしれない。
 幼かった私にも、母親のそういう思い、めいいっぱい仕事に専念しきっていた父の思い、その両方に何となく気がついていた。気がついていて、うまくそれを伝えることができなかった。もし、うまく伝えることができたなら、あの頃の母と父のすれ違いや誤解は、ちょっとは防げたのかもしれないな…。
「おとうさん、今日もおそいのかなぁ。」
 絵本を読み終えた娘が、ちらりと時計を見遣る。
「そうねぇ。」
 母親の曖昧な返事に、少しあきれた娘の横顔。
 彼女も、父親にたくさん話したいことがあるのだろう。
「ねぇ、デザート食べようよ。」
 不安をかき消すためにも、私は台所へと立ち上がる。
「うん。…で、おかあさん。次はこれを読んでね。」
 
 夜の窓をはみ出してゐる若葉かな
 
 *出会えた季語* 若葉(季節・夏)
 
 *Sweets Menu* Annin Tofu 杏仁豆腐 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして、夜中にお邪魔します。
優しいお母さんなんですね。
読んでいて昔の自分が思い出されました。
あ、そんなに優しい母親ではなかったです。(*^_^*)
なんかねぇ、あなたのブログを読んでいて、
心がこう、ほぐされてしまったのです。
さりげなく日常を書いてらっしゃるけれど、
それはとても大切な事なのね。
まるで、指の間から洩れてゆく水道水のような、
なんでもないようだけれど大切なもの。
大切になさってくださいね。(^_^)v

keko
2006/04/25 00:32
はじめまして。
うれしい、コメントをありがとうございます。
立ち上げたばかりで、ブログの記事へ、何を載せようかの模索の日々です。
よろしくお願いいたします。
Yumi
2006/04/25 07:13
Yumiさん。ブログ楽しく読ませていただいています。
スィーツとエッセイが甘くやさしくて…。
私もお菓子作りが好きなので、毎回どんなスィーツが登場するのか楽しみです。俳句も素敵ですね! 私もあやかりたいです♪♪




fuili
2006/04/27 00:58
fuiliさん、うれしいコメントをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
俳句は、続けていくことで自ずと、その人のものになって行きます(^^)v
いっしょに楽しく、頑張りましょう!!
Yumi
2006/04/28 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
A Story Time Haiku Happy Jam/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる